初めての現場 #3 - Travis Japan

Travis Japan Consert 2019 〜ぷれぜんと〜
2019.3.26 横浜アリーナ

記憶がぶっとんだ初めてのジャニーズコンサート、初めてのTravis Japanコンサート。#1#2に続き、公演後に書きなぐったiPhoneメモを成仏させながら、忘却の彼方に消えていったことを少しでも拾い集めてみようと思います。

メモの供養 第3弾

f:id:ruicow:20190505164512j:plain

トラジャがジューシーなのだとか、まつくがぷりぷりだとかいうことじゃなくて、

コンサートの後って、ひたすら果汁100%ジュースが飲みたくなる!!!っていうことを書いています。自分の体質を発見。

昼公演が終わった後すぐにコンビニに立ち寄り、グレープフルーツジュース200mlを一気飲み。まだ飲みたくて飲みたくて色々な果汁100%のパックを3本買い足してホテルへ。がぶがぶがぶがぶ。あっという間になくなって、またわざわざ買いに行く始末。夜公演の後もバッグの中に入れておいたグレープフルーツジュースを5秒で飲み干して、ホテル前でまた購入。たんまり購入。特に柑橘系が最高で、夜中も朝も飲みたくて飲みたくて飲みたくて。帰りの新幹線でも飲みまくりました。
『VOLCANO』に焼かれた体にしみわたりますね。日焼けには、ビタミンCがいいって言うもんね。……ん?

f:id:ruicow:20190505164539j:plain

出た!ポエマーモード。これはなんだ?本当にわからない。自分がわからない。だって、あの時感覚が順調に狂ってたから。……ん?

f:id:ruicow:20190505164526j:plain

ほっ、よかった。ちょっと記憶にあるところにやってきました。ここの箇条書きゾーンは、印象に残ったことをただただ書いているところです。

どういたしまして」は、言えて最高に嬉しかった!!(#1参照
「ジャニヲタ力(りょく)」は本当に自分に足りてないと思ったことです。Jr.なので色んなデビュー組の曲を歌うことは知っていて心づもりはしていたけれど、やっぱりトラジャとのその曲との繋がりや、本家の方々の曲への思いなど、ジャニヲタとしての「幅広い知識」があるとより感じられること、楽しめることが多いんだなと実感しました。
ちなみに、そういうことをはるかに飛び越えて、めちゃくちゃ楽しくてめちゃくちゃ素敵でめちゃくちゃ感動したのが、元太プレゼンツの『Vanilla』(A.B.C-Z)でした。大好き。天才。もう一回観たい。

そして、まさかの体験。会場全員での
「やっぱり松松かよーーーーーーーーーーー!」
松松担1回絶滅しました。横アリが我らの墓地。アーメン

▼素晴らしいお絵かきレポをTwitterで拝読

うちわを持たされた松松が一瞬照れてたのと、元太がチョーカーに差したまつくうちわを外すときに持ち手が喉仏に詰まって「おえっ」っていってたのが超絶可愛かったです。この松松時間はたまたま細かく記憶していて、たまたまだけど私の脳みそ本当にありがとう。松松の横顔が天才だった!

記憶しているけれど、言葉にうまく表せない記憶の筆頭が、のえ松松の『ONE DAY』です。遠くで光る3人がものすごく綺麗で綺麗で。

f:id:ruicow:20190505164502j:plain

終演後、書きなぐってます。誤字が物語っている動揺。
次は帰りの新幹線で、頑張って書いたもの。

f:id:ruicow:20190505164522j:plain

如恵留くんとノエル、松倉くんとカイト、元太くんとゲンタ、3人ともどっちでもないけれど、両者が入り混じっているように見えました。信じられない美しさでした。昼公演では圧倒されて声もなにもでず、夜はひたすら泣いていました。体も魂もすり減らしながら立っている3人の姿、本当に一生忘れないと思います。

最高のぷれぜんとをありがとうございました。

前日には初めてEndless SHOCKを観劇することができました。これが初めての生松松体験。物語を生きている姿に心震えて、たくさん泣きました。カイトの表情と空気感が本当に好きです。
私は長年、演劇、バレエ、オペラなどの舞台作品に縁があり、仕事でも趣味でも生活の一部のように関わっているところがあるので、初めて松松に出会う場は劇場がいい、SHOCKにしたい、という思いがありました。厚かましいけれど、自分の人生の大切な部分を持って、松松たちに出会いたかったのです。ご縁があってそれが叶い、幸せな、とても贅沢な時間を過ごすことができました。

だ、け、ど、、、SHOCK後の唯一のメモがこちら。
f:id:ruicow:20190505164532j:plain
は?
本当に自分にがっかり……。
ふざけてるとしか思えない。
(どういうつもりで書いたかは案の定記憶にございません。ごめんなさいごめんなさいごめんなさい……n)
恐ろしく感動して、カイトにゲンタに心掴まれまくって、身震いして、で、何書いてんの!!(のえママ、どうぞ叱ってください。)
秋の梅芸では、言葉にならないことだらけだとしても、もっと真面目に書くことを誓っています。
 
横浜アリーナへの偏愛 

横アリで、建物の写真を撮りまくっていたヲタクは私です。グッズ列でもロビーでもバシャバシャ撮っていたのは私です。撮りながら涙ぐんでいたのも私です。キモヲタ爆発していました。

f:id:ruicow:20190519211334j:plain

偏愛というか変態というか、横浜アリーナへの思い入れが強すぎる私。友人が設計した建物で、なんというか来れただけで舞い上がり方がはんぱない。仕事でも、プライベートでもずっと支えてくれている大切な友人で、いつかいつか訪れたいと思っていた場所でした。初めて踏み入れるのがトラジャコンサートになるなんて、感無量!!彼に沢山の思いと見所を訊きまくって予習していたので、入った瞬間、鳥肌が立ちました。中でも、劇場のようにしたかったと言っていたエントランス、利根山光人のレリーフが実際に観られて感動。平成元年に竣工され、平成最後(しかも3月26日!)に来れて良かった、と本当に泣きました。彼が若い頃(20代だってよ!え、すごいな。)に情熱をかけ身を削って建てたその場所が、他の沢山の人たちにとって、Jr.のみんなにとって大切な場所になっていっているんだ、と思うと感情が抑えきれなかったです。昼公演では開演を待つ間、美しいステージにかかった布を眺めながら、席でしばらく呆然としていて、やっぱり涙が出ていました。(加齢により涙腺がばがば。)夜公演ではロビーで待っている時間が長かったのですが、階段の手すりやら天井やら、細かいところに目を凝らして楽しかったです。

余談ですが、スマホが落ちないように隙間をなくす座席へと全面改修作業をしたアリーナだけど、「ヲタクのうちわは滑り落ちた。」という土産話が友人にとてもハマって、めちゃ笑っていました。うちわの薄さ恐るべし。(落とされた方、無傷で返ってきて良かったです。)

 

■おむすびカウントダウンその後

 5月11日のらじらーサタデーしめんちゅの回が可愛すぎて浮かれまくって、翌朝やっぱりおむすび作ってむしゃむしゃしめんちゅを食べ、調子に乗ってインスタ🍙おむすびアカウントを作りました。整理できてすっきり。

f:id:ruicow:20190515190059j:plain f:id:ruicow:20190519183150j:plain

今は、週末のさいたまスーパーアリーナでの島フェス(ジャニーズIsLAND Festival)にむけて、懲りずにカウントダウン中です。

あー、今度はもうちょっと色んなこと覚えていたいなあ。

それから、我が軍Travis Japan、すごいい勢いになっています。ここから1週間のトラジャ(+寺西拓人関係事案をざっとまとめてみると、息ができなくなりました。
▼イベントと開始時刻を記しています。

5月19日(日)
・12:00 島フェス LIVE配信 販売

5月20日(月)
・01:37 Sexy Zone 3日間チャレンジ 出演〈川島〉
・20:00 パラマニア 出演〈川島〉

5月22日(水)
・島フェス デジチケ配布
・Myojo7月号 表紙B面
・週刊ザテレビジョン5/31号
・週刊TVガイド5/31号
・18:00 とらまる〈松田〉
特捜9なし)

5月23日(木)
・SODA 7月号
・20:00 TraTube
・22:00 ストロベリーナイト 出演〈寺西〉

5月24日(金)
・月刊テレビガイド7月号〈寺西〉
・12:00 グッズプレ販売
(少クラ4月セレクション)

5月25日(土)
・09:00 グッズ販売
・13:00 島フェス①
・17:30 島フェス②
・18:00 MUSIC FAIR 出演〈宮近・吉澤・松倉・松田〉
・22:05 らじらーサタデー 出演〈川島・松倉〉

5月26日(日)
・12:45 ニノさん 出演(with Austin Mahone)
・13:30 グッズ販売
・17:30 島フェス③
・17:30 島フェス LIVE配信
・18:00 ブログとらまる〈松倉〉

『MUSIC FAIR』で元太としーくんが大好きな山田くんと、『ニノさん』でまつくが尊敬する二宮くんと地上波で共演ということまで起こります。歓喜のあまり、もうすでに泣きました。

トラ担たちのこれからの1週間、あまりにもHappyでGroovyすぎ。特に松倉担はほんまに全滅しますね。さいたまは我らの墓場。

RIP

 


祝 200万回視聴!!
舞台で歌い踊るTravis Japanが大好きです。


Travis 家族 Japanも最高!

 

初めての現場 #2 - Travis Japan

Travis Japan Consert 2019 〜ぷれぜんと〜
2019.3.26 横浜アリーナ

私にとって初めてのジャニーズコンサート、トラジャコンサートとなるこの日にむけて、興奮を抑えきれず10日前から「おむすびカウントダウン」をしていました。朝ごはんにおむすびを作って、数字を入れる。

■人にはヒトの乳酸菌、私にはワタシのカウントダウン。

2月から仕事の忙しさと重要さが振り切れていた上に、体調がイマイチすぎた3月。疲労の蓄積がハンパなくて、かなり危なかったです。明日はない覚悟して今日を生きていました。まじで、ギリギリのFuture🌋。あまり食べられない日もあったのですが、おむすびを作り始めて、ちょっと食欲がもどってきました。(私が食べられないってよっぽど。)朝、パンの方が楽だけど、三食ご飯にしたらお腹の調子が良くなりました。おかげで単独まで走りきれたのかもと思います。おむすびカウントダウンのおまけに、ちょっと健康になってラッキー&セーーーーーフ。


f:id:ruicow:20190505171858j:plain


おむすびは2日分だけ手間をかけました。あとは、思いを乗せた日がちょっとだけあるので、それを中心にピックアップして少し書いて見ます。

【7日前】「7」なのでTravis Japan 7人のメンバーカラーを入れたくて、混ぜご飯にしています。白米茹で菜の花茹で人参炒り卵柴漬けミョウガトマト。でも、食材のがねえ……元太!というわけで、青の主張があるポップなお皿にしました。マットも青で。(結局青が一番目立ってる。)

f:id:ruicow:20190505191951j:plain


【5日前】
日本のふるさと明日香村の古代米のおむすび。ほんのり紫に。トラジャの魂をずっと温めてきてくれた5人を思って。

f:id:ruicow:20190505193514j:plain


【2日前】
🐥🐥最強、愛のかたまり、世界のシンメ松松!2人と5人が出会ってくれてありがとう。最高。

f:id:ruicow:20190505193452j:plain


【1日前】SHOCK初観劇
の日。出発の日。心を落ち着けて、おかか

f:id:ruicow:20190505171943j:plain


【ぷれぜんと当日】
SHOCK観劇の後、新横浜のホテルに泊まることにしていたので、前日の出発前に作っていました。
7つの手毬むすび。梅の日の丸はオレたちのセンター宮近。12時の位置から時計回りに、ゆかりしめ、菜の花うみ、おかかのえママ、シャケまつく、こんぶ元太、海苔しずパパ。お皿はクジャク模様。鮮やかな七色に輝く羽を広げて。

f:id:ruicow:20190505163940j:plain

 おむすび芸人、今でもちょっとハマっています。

 

SNS

「ぷれぜんと」まで10日を切ると、SNSでつながったトラジャ担の方々のそわそわや準備も始まって、ますます盛り上がってきました。そんな中、日めくりネットプリントを提供してくれたMICOSHIさん。

ちょうかわいい!プリントさせていただいて、自分のTODOを書き込んでぶら下げていました。日めくりに書いてくださった金曜日にお金下ろせてよかったー。

f:id:ruicow:20190505201312j:plain

ありがとうございました。ちょうかわいい。

SNSでのつながりは、ひとりで初参戦する身としてはとってもとっても心強かったです。ペンライト、双眼鏡、グッズ、それからチケット(重要!)もSNSがなかったらどうしようもなかった。助け合い、温かなやりとりに感謝!!


■メモの供養 第2弾

初現場のことを覚えてなさすぎる問題を少しずつ解消するために、前回のように『時をかけるゆとり』スタイル(黙りなさい)で、コンサート直後にiPhoneにバラバラと書いた言葉を拾いながら、なんとか思い出の形を見つけていきたいなと思います。

f:id:ruicow:20190505211745j:plain

何回読んでもヒドイ「もっと光を!」という遺書(#1参照)の後に続いている「7人で」。“”は意味深。でも覚えてないぞーーー。なんでしょうね。流れからしてきっとVOLCANOに焼き尽くされて、出てきた新緑。(ん?)あー、ほんっっと、覚えてない!(n回目)

ただ、本当にVOLCANOの「吸引力」がやっばかったし、爆発力もやばかったです。
Travis Japanこのまま7人で突っ走って!!!!!
ヲタク(私)を時々振り落としてくれて良いから。VOLCANOみたいにギラギラしてぶんぶん振り回して捨ててくれて良いから。

ぜえぜえ…

もうゾンビとしてついていくのみです。

 

f:id:ruicow:20190505211749j:plain

うおーーーー!(心のペンラ振ってます)

はあ、そいうことなんですよ。良いこと言うな、狂ってた私!!(性癖ですね。)遠くて近いんじゃなくて、近くにいるようで遠くに、しかも高みにいる、そういうアイドルが大好きで大好きで最高で最高。高みにいるまま微笑んで、結果、私の心にいるTravis Japan。VOLCANO圧倒的だった。(もはや宗教。)

 

f:id:ruicow:20190505164450j:plain

拝顔した神たちの印象パレード。のえ松松については前日に見たEndless SHOCKの印象も処理しきれないまま書いています。これに付け足してみよう。今の思いも含まれてもいいや。

宮近がセンターって、最高以外の言葉が見つからない。ギラギラのMAXボルテージぶっとばせるセンターなのに、決して君臨しない。画面越しでもこのパフォーマンス力がすごすぎて好きすぎると思っていたけど、生はもっとやばかった。やば近にぶん殴られました。おれたちのセンター!世界のセンター!未来のセンター!

うみ。歌声も、笑い声もずっと聞いていたい。ね、なんか出てますよね。ハピグル出のうみの太もも担としては、双眼鏡とセンステにめちゃくちゃ感謝。前方にいたので普段なかなか見られないハムストリングスが素晴らしく拝め、TAMERはまじでうみの太もも担爆発してしまいました。憧れが現実になった瞬間を体験しました。

しめちゃんは、おどろくほどしめちゃんで、画面越しの印象と全く変わらなくて、可愛さと強さのハイブリッドぶりがやばかったです。いや、本当にいるんだな、しめちゃん。すごくて架空の人かと。あと、のえるくんにおんぶジャンプする瞬間、のえしめおんぶ事件を間近でみてしまい、無事爆死しました。

しーくんは、立ち姿が男前すぎて、くらくらしました。私的好きな上半身選手権第一位だったんですけど、殿堂入り。ぶれない。どこまでもぶれない。ファンサしている姿が全部綺麗で丁寧で、いつまでも見ていたかったです。しずファンサマルチアングルで欲しい。斜め右前くらいから撮ってください。あーしんど。

のえるくんは美、美、美、美。ライトで美が反射する瞬間を見たぞ。本当だぞ。すげー。トラジャ担はこの魔法をずっと見てきているの、信じられないです。そして地球はどうやってのえるくんにだけ重力をかけないことができるんですか。そんなのえるくんはしめちゃんおんぶにめちゃくちゃ可愛い笑顔。(美)

そして松松。時々、踊っている中に松松だけの体に染み付いた、松松息遣いのようなものを何度か見てしまって、私、死ぬかと思いました。ていうか死んだ。息ってどうやってするんですか?爆死してるので、『愛のかたまり』での前奏の一瞬以外、それが何の曲のどんなところだったのかの記憶がゼロ。次は覚えておくのが目標。

えー、ここからはしんどさMAXなんで、ポエムになります。

元太。月明かりの中の美しい海のよう。ずっとずっと静寂が広がっている。(MC以外。MC以外。)元太が光を吸い込んでいくのに息を飲んだ。そして違う光が溢れ出て広がっていく。なに、これ。新しい反射??沼ってよく言ってるけど、あなたは海。大洋です。いや、ほんと光って吸えるんだなあ。

まつくは燃え盛る太陽。想像はしてたけど、その百倍以上のエネルギー。なんか皮膚の向こう側からこちらに向かって溢れ出て来る。ずっと出てる。夕日、朝日、夏のギラギラ太陽、雲の向こう側の太陽。春のおひさままちゅもいた。見える表情は十色だけど、常に燃えててやばかったな。はあ恐ろしい。

Travis Japan。最高のアイドル!パフォーマンスを全力で突き詰めていく中で、多様なままひとつになっていく姿が本当に尊い

ギラギラのVOLCANO!!

進化と絡み合う

太陽に触れていたい!

 

からのこれをどうぞ。

からの

VOLCANO🌋🌋🌋🌋🌋🌋🌋

太陽を掴んでいたい!!!

動画を早く貼りたい!!!(太陽を〜♪のリズムで)

 

Travis Japanに殺され続けるんですけど。

(つづく)

初めての現場 #1 - Travis Japan

初 Endless SHOCK
Travis Japanコンサート
横浜アリーナ

2019.3.25- 26

この二日間とそれに向けた心高鳴る準備の日々、そしてその余韻を言葉にしておきたいと思いながら、恐ろしく捗らなくて1ヶ月も経ってしまっています。

■書けないということを書く

初ジャニーズ、初横アリ。“初めて”はこれっきりなんだから、ブログに残しておきたいのに、このことを書こうと思うと、ふわふわして進めることができない。いつものブログテンションに持っていけません。
強烈な体験でエモメーターが振り切れてしまったからか、覚えていないことが沢山あって、というか、覚えてないことだらけで、今の自分があの2日間の自分のことを捕まえられない感じです。言葉にはならない沢山のものが雲のように集まって私の上にあって、そこから自分の日常の中に時折雨の雫のようにぽつりぽつりと落ちてきて、言葉になったり、体感として蘇ったり。受け取る雨粒は、あの時の体験の記憶そのものとはまた違っていることも沢山あるけれど、確かにあの時に生まれた何かを少し掴めたような気がして。それを味わったり、考えたりしています。

んー、こんな感じな文章になってしまうって、私、なんか変。変です。しっくりこないのです。ふわふわしてて、バラバラしたままでも、それはそれでいいかなと、それこそが初めての現場だったっていうことだろうと、どこか思っている自分もいます
が、なんか違う。
嘘を書いているわけでないけれど、現場での感覚はもっとどっしり、ずっしりとした熱いものだったのに!鮮やかな色があったのに!!エッジの効いたものだったのに!!!
ああ、ほんと、どうかしてるな、私。
なんだか散文のような、詩のようなものばかりが浮かんできます。
内実と解離しているようなこの感じ、いやれすねーー。元太恐ろしく男前れしたねー。まつく綺麗すぎれすねー。「やっぱり松松かよ」れしたねーーーー!!!(尊)

焼きついている破片はたくさんあって、コンサートだけでもいくつかのことはとても鮮明。例えば舞台にかかる極上の布。色彩も質感も本当に綺麗で、昼公演では入場してから始まるまでの約40分、ずっと席で眺めていました。
『ONE DAY』の歌声、うみちゃんのうら太もも、ちゃかちゃんのえへへ顔、のえしめしんどいおんぶ、しーくんの光る汗、まつく『愛のかたまり』の美しい背中&『街』の横顔、元太の天才『Vanilla』&襟元に差した松倉うちわを外す“ぐえっ”ていう顔、夢の「やっぱり松松かよ!」、『VOLCANO』の迫力!衝撃!そして屍となったマイBODY & SOUL。

……だけど、だけど、いつ、なにが、どうして、どうなったの???2回も入ったのに、ほんっっっと覚えていない!!!記憶のカケラを繋ぐ糸はどこでしょうか?どこなんでしょうか。2回も入ったのに!!!

 ▼座席で描いた舞台下手の様子。布づかいがまるで劇場のようで、本当に美しくて素晴らしかった。超好みだったです。(雑すぎ。)
f:id:ruicow:20190505025123j:plain

 

■メモの供養

あまりに書けないので、ただ言葉をひねり出すのではない形にシフトチェンジしようと思います。単独直後iPhoneに書きなぐったメモを拾って、自分でツッコミ入れてみることから始めてみます。
これは完全に、グッズ列で読んでいた朝井リョウさんのエッセイ「時をかけるゆとり」の影響です。Twitterで読書好きなトラジャ担の方に教えてもらったものです。

その中にかつて書いた就活エッセイを自分で添削するという斬新な章があって、めちゃくちゃ笑って、声だして笑って。このエッセイほんと面白すぎなので、リスペクトと爪の垢を煎じて飲む気分でゴー!です。
あと、そうやって反芻して改めて言語化することで、少しずつ自分の内側に意識的になっていって、興奮だけで掴みきれなかったものも自分に落ちてくれるといいなと思っています。意識の外で感じたことも意識的に掴んでみたいという欲ばりです。

ちなみに、グッズ列は5時50分頃から歩道橋上、プリンスホテルの近くで並び始めて、8時40分頃に買えました。ホール建物の横にたどり着いてからは、今回、別件で私の人生での重要事項だった「初横浜アリーナ訪問感激」案件のため、建物の写真を撮りまくっており、またその隙間に本を読んでいたので、並ぶ以外のことにも忙しくて、体感20分でレジに着きました。

さて、頭ばーーんの中書いたメモ(なので、朝井さんの影響と言うのはおこがましい話のもの)を晒していこうと思います。正直恥ずかしさが拭えないんですけど、熱量はあるメモなんで、書くことに弾みがつくかなと。基本的にメモの上から消化していって、成り行きにまかせようと思うので、結局収拾つかない感じになりそうな悪い予感がしますけど。(見切り発車)

 ▼ちょう可愛い「収拾つかない」挟みます。


もーーーー みんなみんな カワ カワ カワ!! #TJカワ

 

■メモ冒頭

『VOLCANO』に魂をえぐられたまま横アリを出てからのコレ。

f:id:ruicow:20190504222201j:plain

いきなりヒドイ。ほんまにヒドイ。
「もっと光を!」て……。
正直書いた記憶がないんですけど、「死んだ」の最上級を書きたかったんだろうと推測します。これ、“Mehr Licht!” ゲーテの臨終前、最期の言葉と言われているものなのです。ああ、詩人になって死んだんだな、私。担タレおめでとう、私。(松倉くんのことディスってないです!むしろ尊敬しかないです。敬愛しています。)

f:id:ruicow:20190504224407j:plain

これはメモの終わりくらいにありました。翌日、ブログを意識して書いていて、一応文になっていますね。
昼も夜もセンターブロック下手側のメインステージに近い贅沢な席にいたので、『VOLCANO』での焼死具合は尋常でなく、(実際特効の炎にぶわーっと炙られてもいた。熱いというお土産最高だったな。)魂奪われて聞こえてるんだけど聞こえてなかったです。あれ?私、何言ってんでしょうね。

なんかすごいもの見せられてしまった!!!

テレビを見ているようにずーっと大声で笑って終始しゃべっていた(『街』の時にぎゃーぎゃー言うの、「ダメ。ゼッタイ。」)ギャルたちまでも黙らせたVOLCANO!周囲みーーーんな真っ黒こげで焼け死んでいました。どすって落ちた人も見えました。こんな焼け野原ある???

なんかすごいもの見せられてしまった!!!

呆然としたヲタクたちが囁く声が聞こえるようになった時、はっとしたんです。

〈トラジャのこと呼ばなきゃ!呼び戻したい!!!〉

目を覚ましたら、周りのことが少しキャッチできて〈あ、みんな声あまり出さないんだ。ん?思てたんと違う。〉と少し戸惑います。私の周りは呼んでいる人の方が少なくて、〈まだ終わりたくないけど、終わったらどうしよう〉とハラハラ。他ジャンルの音楽や舞台に行くと拍手や声がないとアンコールはないし、舞台のカーテンコールもあっさりしてるもの。〈これでもアンコールに出て来てくれるの?来ないかも?え?大丈夫かな?〉と思いながらトラジャを呼んでいました。『VOLCANO』で灰になっているにも関わらず〈アンコールお願い!〉と思いすぎて、ちょっと吐き気がしてきたのと、〈トラジャちゃんたち、身を削っているのに、アンコールの声が少ないのが辛かったらどうしよう〉とモンペ妄想で超勝手に苦しくなったのとで、そこのところの感情のつながりはけっこう覚えています。

トラジャちゃんたちは出て来てくれて、開口一番「みんな、アンコールありがとう!」って。多分ちゃかちゃんだったかな、そう言ってくれて、「えらいなあ。ありがとうが言えるのえらいなあ。アイドルとはこういう人たちのことを言うんだなあ。」と、なんか涙が出そうでした。

感情が乱高下したのと、『VOLCANO』の余韻がものすごくて、アンコールのことは、うっすらとしか覚えていません。

あ!書きながら今思い出したことがあります!!

【5/5 追記 】
ちょ、思い出せてないから!夢ハリそこじゃない。アンコじゃない!(TVガイド4月12日号のセトリ欄を見て卒倒しました。)5曲目、5曲目!あーびっくりした。
ここから傾体かけてるところは、まつくの怖いもの見る時みたいに手で隠して薄眼で見てください。ちょっと薄眼仕様の色にします。覚えてなさすぎるな。すみませんすみません。

家でYouTube見ながらよだれ垂らしてたやつがやってきたんでした。
夢ハリタップで 「みんなも一緒に!」
キターー(゚∀゚)ーーッ!!! ちゃかちゃん神!!

私、なんちゃってタップではしゃぎまくりました。ちゃかちゃん、ありがとね。ほんまにありがとね。

茶番にお付き合いありがとうございました。タップの記憶は鮮明。むちゃくちゃ踊ったのは本当。前の座席ガンガン蹴ってしまった。)

 

で、で、も、も、もっとやばいのキタ!
直にこのやりとりをする日が私にも訪れてしまった!!

トラジャ「ありがとうございましたー!」
観客「どういたしましてー!」

この愛のご挨拶が、自分事になったことにめっちゃ感動しました。大げさじゃなく、全くの別世界で起こっていることのような感覚でいたので、自分で叫びながら鳥肌が立ちました。
ああ、すぐにこちらからも「ありがとうございました」って返したかったなあ。次、単独に行けることがあれば、そうしてもいいですか。いいですよね。(自分にきいてる。)言う勇気を持ちたいです。

 

■つづく

昼夜席が近かったし壊れていたしで、いつのことだか記憶が結構ごっちゃごちゃになったまま書いていますが、書き始めた頃よりは大分頭の具合は良いです。でも、初っ端からコンサートの終わりのことを書いちゃうって、なんなんでしょう。この後やっていけるんですかね。やっていくんですけど。
書きやすくはなってきているので、このスタイルで続けてみようと思います。

 

それにしても昨日の少クラ『VOLCANO』初披露は衝撃でした。

単独で灰となり、「めちゃすごかった」以外の記憶ゼロなのに、『VOLCANO』が好きすぎて好きすぎて自分を灰人と呼び、『VOLCANO』の亡霊となっていた私は、始まった瞬間号泣しました。完全に焼死体。
今朝もひきずりまくって屍のまま、VOLCANOむすびで朝ごはんを食べた次第です。そしてその感情のまま就寝します。

f:id:ruicow:20190505023110j:plain

おやすみなさい。
(つづく)

続・部屋とドル誌と私🔰 - Travis Japan

JUST SCRAP IT!

f:id:ruicow:20190420210808j:plain 

魂に捨て魔を飼う女がジャニヲタになり、ドル誌に手を出してしまいました。なんでも捨てようとする悪魔(性癖)を鎮めながら、雑誌を解体してファイリングに精を出しています。要らないページが多い雑誌に巡り合うと心高鳴り、ほくそ笑みながら捨てている日々です。捨てるのって、ほんと快感。うへへへ

 

■初めてのレンジ解体 19.04.20

スクラップの仕方は全て自己流だったのですが、少し前に友人に勧められたブログに、雑誌をまるごとレンジであたためて背の糊を柔らかくして解体する方法が書いてあってびっくり。それ以来レンチン解体が気になって気になって。
ググってみたら、どうやらジャニヲタさんたちには一般的なことのようです。ただ、根っからの粗忽者なんで、焦がしたり劣化させたりしそうで試せない。
でもよく考えて、私。今までの力技で、破ったことあるある。手で表紙と本体を引っ張って、結局破損させたこと、あるあるある。めっちゃある。

前回の記事に反応してくださった方のツイートやブログを読んでいたら、レンチンは超簡単で手間がかからないよーということだったので、やってみることにしました。 

f:id:ruicow:20190420210911j:plain
うわーっ 雑誌が調理されてる!ガラスが曇ってる!
……庫内を水拭きして雑誌を入れてしまった……。湯気で少し紙にヨレが出てしまいました(反省)。

f:id:ruicow:20190421004949j:plain

40秒でほっかほか。すっとページが外れました!

てか、あっつ! 熱ーーーっ!

めっちゃ熱くなっているところがありました。次回以降手袋必須です。

 少しだけど力を入れたところもあったので、もう10秒やっても良かったかな。でも、このぺりぺり〜っと外れる感じがすごく気持ちいい。平成最後に良いこと知れたなあ。これからもレンジでいきます!

【メモ】①庫内は乾燥させておく ②50秒温める ③軍手を使う

 

f:id:ruicow:20190421152332j:plain

無線綴じの糊がついていたポコポコ部分は、いつもカッターで切り落としています。
テレビ誌のような中綴じの雑誌は、ステープラーの後ろで芯を広げて取った後、中央線をカッターで切ってページを分けています。

 ■綴る

ファイリングって面倒だけど、その時にやらないともっと面倒。解体して捨て終わった爽快感のまま、惰性でやってます。やる気はやり始めないと出てこないんですよねえ。

雑誌本体から切り離された記事は大きく分けて2つの方法で綴っています。

【1】クリアポケット

掲載2ページまでのものはクリアポケットに。両面読めるように入れています。

f:id:ruicow:20190421160530j:plain

f:id:ruicow:20190421163114j:plain
f:id:ruicow:20190421163136j:plain

雑誌名と発行日をステッカーに書いて貼っています。 ゲンタ!

 

【2】ステープラー留め

ルーズリーフの穴の部分を活用して、ページをめくって読めるように綴っています。

f:id:ruicow:20190421163022j:plain

ひゃーかわいーっ!

f:id:ruicow:20190421163031j:plain

綴るものが奇数ページの時には、ルーズリーフ1枚を必要ないページに糊で貼り付けて、残りのページをステープラーでまとめてがっしゃん。
雑誌の表紙や目次にいる、ちっこいトラジャ写真を貼っています。

f:id:ruicow:20190421170500j:plain

要らないページが2ページある時にはどちらにも糊づけをして、ルーズリーフをサンドして綴じます。そうすると、初めのページと最後のページが隣り合わせになることもあるんですが、その辺は気にしない。(↑糊付けした後しわっしわなのは正直気にしてる。下手すぎる。)

雑誌名と発行日は脇に書き込んでいます。 

f:id:ruicow:20190421171402j:plain
ふわああああ……ちょっと元太きれいすぎやしないか。これ、19歳。やばいーーー。ばくばくする。

そんな元太くんが2019年4月19日に二十歳になったよ!
お誕生日おめでとう!!
成人おめでとう!!満月、大安吉日のお誕生日。最高のアイドルだよーー!

f:id:ruicow:20190421194554j:plain
おむすび芸人なんで、祝いむすび。元太二十歳おめでとうは、塩むすびーー。

サムネが松松ってるよ。まつくまつくまつく!

その次の日にはNHKラジオ「らじらーサタデー」で成人元太の声が聴けるという喜びに浸っていました。世界よありがとう。

▼らじらー文字起こし、素晴らしいです!ありがとうございます!

スタッフさんが元太くんにケーキを贈ってくださった件で、ヲタク(私)は1回死にましたよ。
私のNHK受信料が元太成人を祝うバースデーケーキと化すなどどいう幸せ、考えたことなかった!!!ありがとうございます!!!

……
ちょ、ちょっと落ち着きます。
……

ふう。

ステープラーは、右のような針裏がフラットになるものが好みです。元太の前髪のようにさらっと引っかかりない感じで。

f:id:ruicow:20190421163612j:plain
f:id:ruicow:20190421163608j:plain

 壊れたので普通の山型になるものを使っていますが重ねると当たった部分を凹ませてしまう。残念すぎるので買い直し予定です。

f:id:ruicow:20190421162417j:plainf:id:ruicow:20190420212915j:plain

え!半分近も男前!! ぜえぜえ……トラジャやばい……(知ってる。)

どのページも必要な場合は、ルーズリーフの穴部分や、硬めのクラフト紙を3〜3.5cm切り取って、どこかのページの脇に(この場合はちゃかちゃんの肩にそっと)糊で貼り付けて、そして他のページをステープラーで留めつけています。
折りたたみパンチは友人から誕生日にもらいました。文具大好きなので。ヲタクになることを予想していたのかなあ。めっちゃ活用してる!ありがとうすぎる!

f:id:ruicow:20190421162215j:plain

ファイリング前に、穴は必ず補強。

f:id:ruicow:20190421163744j:plain

これ、めちゃくちゃ便利で、買って良かったものです。面倒なことはできるだけ道具に頼った方がファイリング速度が上がるし、億劫さが減ってきます。

 

こうやってまとめた記事は、前回書いたように、ロハコの2穴バインダーに綴じていっています。

2穴ファイルなので、ファイルを立てた時に記事が折れ曲がらないように透明シートを掛けています。B4クリアファイルを切ったものです。

f:id:ruicow:20190421182926j:plain

これで保護、保護。トラジャのモンペだから!シワにならず角折れもなく、良い感じに保てて嬉しいです。

 

さて、前回の記事と併せると、大体のファイリング状況が書けたのでおしまい。Myojoのトラジャが3ページになったという噂を聞いて、今から鼻血出す準備してます。

■総評

めくってもめくっても男前!!

以上 Travis Japanでした!(違)

 

 

部屋とドル誌と私🔰 - Travis Japan

NO SCRAP, NO LIFE!

f:id:ruicow:20190407150849j:plain

■買いたい私と捨てたい私

ジャニヲタをしていて、嬉しいけれどめちゃくちゃ困らせてくる強者に出会った。ドル誌!ドル誌増殖問題にどう立ち向かうのか。

そう書くと大げさだけど、完全に自分の“癖”との戦いなので、個人的には小さい話ではありません。家の中の物を減らしたい、捨て魔気質がある私にとっては、増えていく雑誌をどうにかしなければヤバい。だって、私は、いつか自分が強力な魔力を使う時が来ることを知っているのです。

あっさり全捨て!という悪魔の力を。

白目剥きながら冷酷にこの力を使うんですよ。ごちゃごちゃしていることへのストレスから解放されるなら、どんなものだって心を無にして手放す。再度購入という愚行に走ろうとも、家族や友人に白い目で見られようとも、捨てる快感欲しさにゴミ袋を持って家中をうろつくのです。恐ろしい。あんなに美しいananのTravis Japan(トラジャ)だって抗えないでしょう。悪魔め!

もうひとつ、私は活字厨気質も持ち合わせています。厄介なやつです。ひとつ読み終えるとすぐ、次のものが読みたくなってしまいポチり、ポチり。電子書籍の罠にはまって散財しまくった経験があります。アイドルを宝物のように撮影しインタビューしてくれる雑誌たちは、きっと底なし沼。買いたくて堪らなくなること間違いなしです。私に我慢できるわけがない。昨春Travis Japan沼にハマり始めた頃、そのことを直感的に気づいていた私は、決して触れないように、雑誌画像をTwitter越しに遠巻きに薄目で眺めるスタイルをとっていました。

……が、9月。とうとう手を出し始めてしまったのです。めちゃくちゃ行きたかった、でも行けなかった“Summer Paradise 2018 トラジャ単独公演”のレポートが読みたくて読みたくて。

うわーーっ!最高!

一冊買うと堰を切ったように欲望は溢れ出し、爆発し、

トラジャ掲載の雑誌、全買い!

ああ、そういうことになるんですよ。知ってた、知ってたよ、私、そういうとこある。あー知ってたよ。

 

■NO SCRAP, NO LIFE!

疲れて仕事から帰って来た時に、雑誌の山を見ると「あーもう捨てたい。これゴミ?」とげんなりし、一服しながらぱらっとめくると「うわ!まつく最高!宝じゃー!新しい雑誌出てないかなあ。」の繰り返し。

楽しい、でもイライラしてる…… はー、雑誌が溜まるストレス半端ない!!

面倒だけど、スクラップするしかないのだと腹をくくり、購入開始から2ヶ月ほど経った11月2日、雑誌解体作業にとりかかります。

私に必要なのは1冊につき2ページということがほとんどで、友人が保護してくれるケンティーページを含めても捨てる部分だらけで、わかっていてもそのゴミの量にびっくり。でもね、心はめっちゃすっきり。はあ、捨てた捨てた!捨てたよー!残ったのは可愛いトラジャだよー!

なにコレ、気持ちいい!

そうやって、買って→読んで→にやけて→解体して→すっきりというスクラップ生活が始まりました。といっても作業自体が面倒で、「いっそのこと全部捨てれば良い」というあの悪魔のささやきに負けそうになることもあるのですが、なんとか耐えています。そもそもつまらないことでも惰性でやることは結構得意なので、できるだけ生活のルーティーンに入れていくようにしたり、時折他の自分の癖(趣味)を利用してスクラップ作業を快適にするための工夫を楽しんだりしながら、半年が経ったところです。

で、今、この作業に驚くほどの爽快感を覚えています。

だって、いっぱい捨てられるからね!捨て魔の血が騒ぐ!

本当に捨てるの気持ちいいわー。(えー、結構モチベーションはそこにあります。)

 

■スクラップ事情

そんな偏った性分の私の2019年4月現在のスクラップ事情です。

①道具 ・道具箱

f:id:ruicow:20190407150842j:plain

 f:id:ruicow:20190407150853j:plain

折りたためるカッターマットとメタルガイド付きの定規がとても使い心地がよくて気に入っています。

ジョイント部分も引っかからずにカッターを運べます。すごい。

カッターで定規を削るストレスからの解放!

 

f:id:ruicow:20190407150751j:plain

年末あたりで気づいた、スクラップ用道具箱があれば便利じゃね?問題。

f:id:ruicow:20190407150819j:plain

もともとは別の用途で使っていた箱なのですが、スクラップで使うものをまとめて、専用箱にしてみました。スクラップ会場(テーブル)に色々なものを運ぶのに、取っ手付きが予想以上に便利。めちゃくちゃ便利。 

 

f:id:ruicow:20190407150825j:plain<入れているもの>
奥:マステ、修正テープ、カッター、ステープラー、スティックのり、穴補強テープ、折りたたみ穴あけパンチ。
手前:ペン、万年筆、鉛筆、シャープペンシル、ハサミ、ステッカー。小箱に消しゴム、ステープラー針、付箋、セミオーダーした松松はんことTJはんこ
道具箱本体は倉敷意匠のもので、検索してもうまく出てこないので、今は販売されていないのかもしれません。手前の小箱は取り外し、スライドができます。

 ②ファイル

f:id:ruicow:20190407150915j:plain

スクラップ開始当初は30穴のリングファイルを使っていたのですが、あっという間に収まらなくなり方向転換しました。
後から探しやすいように時系列にファイリングしているのですが、バックナンバーを取り寄せたり、中古雑誌を捕獲したりするようになっているため、この両開きは重宝しています。

f:id:ruicow:20190407150926j:plain

30穴だと気にならないけど、2穴だと工夫が必要なのは、ファイルを立てた時にページ上部がお辞儀し、紙がよれてくること。それから、けっこう雑誌って幅広のものが多くて、A4ファイルからはみ出るので、せっかくの記事が折れ曲がったり汚れたりすることにもケアが必要です。

f:id:ruicow:20190407150919j:plain

そこで最初と最後に、こんな風に大きめのシートをかけています。

f:id:ruicow:20190407150934j:plain

ほら、これで寺ママの男前が保たれる!!あー良かった。(幸)

ちなみに黒ファイルは2パターンあって、ひとつは Travis Japan専用、ひとつはEndless SHOCK専用です。白ファイルは寺西くん中心のJr.の気になる記事と、トラジャも含めた兄組くくりのようなJr. 企画記事を収めています。

▼ここで一息:松松とのえママと寺ママ

f:id:ruicow:20190407150929j:plain

ちょこまかした記事は切り貼りしたTHE SCRAP なページにしています。

細かくスクラップするもの以外のページまるっと取っておくものは、2ページのみの掲載なら表裏にしてクリアポケットの中に入れています。ありがたいことにトラジャももっと多くのページにわたることも増えていて、そんな時にはクリアポケットにまとめないようにしています。時折読み返したいので、ページがめくれるような形でファイリングしているものがほとんどです。その綴じ方についてはまたいつか。

③とりあえず置き場

雑誌は基本的にネットで買っています。一番使うのは楽天ブックス。ポストインしてくれてありがたいです。届いてすぐに読めないことも多く、溜まっても目障りでない状態にしておくことが全捨ての悪魔を鎮めるには必要です。

f:id:ruicow:20190407150745j:plain

これは年度末の目の回るような多忙な日々で溜まってしまった14冊を、悪魔に克つためになんとか良さげに重ねているところです。
スクラップ作業には1冊20分ほどかかってしまうので、できれば2冊まで、どっと出る時にも4冊以内で解体しておきたい。5冊になるとやる気が失せ、腰がめっちゃ重くなるのですが、できない時にはできないので、なんとなくやり過ごすための場所を確保しています。置き場を見て「あと10冊は積める余裕あるな!」とか変な自信がわきます。

この雑誌とりあえず置き場のある棚は、そもそも全体をフリースペースにしていて、日常のあらゆる物の一時置き場していたところです。テーブルに散らかってしまう読みかけの本、仕事道具、手紙、食べかけのおやつなどをざっとまとめて置く用に使ってきました。今はもう雑誌(左)と、スクラップ道具箱(中)、ヲタクボックス(左)に占領されています。

余談ですが、ヲタクボックス内部はこんな感じです。定規が飛び出てるのが気に入らないので改良したいところ。それにしてもアクスタ最高。

f:id:ruicow:20190407150905j:plain

積んでいる雑誌の下のボックスには、ファイリング用のクリアポケットやルーズリーフを置いています。

f:id:ruicow:20190407150901j:plain

 

④ファイル整列

f:id:ruicow:20190407212622j:plain

左から8冊(青のKINGファイル以外)【Jr.全体 #1】【空(Jr.#2の予定)】【Travis Japan #1】【空(TJ #2の予定)】【Endless SHOCK】【ジャニショ】【2019春現場グッズ+ステフォまとめ】【デビュー組記事】という風に並べています。

雑誌全体で置いているものは別の本棚に。

時折見返すのっていいわあ。超楽しい。

■おわりに

白も黒も半年で1冊がフルになりました。あと半年すればここにあるファイル全部が埋まってしまうことになります。さて、今後増殖していくファイルたちをどう保管していくのでしょうか……。悩ましい。

まあ、究極全部捨てるけど!悪魔飼ってるからすぐ捨てられるけど!
ってどこかで思っている自分、こわーーっ。ファイルぜーんぶぜーんぶ捨てて気持ちよくなってる狂気じみた自分の顔が眼に浮かびます。だって、正直、松松記事をファイリングする喜びより、必要記事以外を捨てる快感の方がめちゃくちゃ優っている時がありますから。

物に侵食されないことと捨てることの快感を得て四十になってしまった者にとって、物が増え続けるヲタク生活にはかなり工夫が必要。今後もスクラップ、ファイル保管について模索し続けようと思っています。新しい生活スタイルを獲得する旅、エンドレスだなー。Show must go on.(SHOCK敬愛)

そして、
トラジャだらけで捨てられない雑誌に埋もれる日が来ますようにとも純粋に願っているのでした。